事業内容

弊社は創業より、プラスチック樹脂の押出成形、二色成形を中心に営業してまいりました。独自のノウハウの蓄積を重ね、高品質で精度の高い製品作りを続けております。ABS・ASA・PP・PE・PS・EVA・PMMA・PPS・PET・各種エラストマー・硬質PVC及び軟質PVC・各種低発泡など様々な材料に挑戦しております。

押出成形とは?

押出成形中
プラスチック押出成形品は、押出機、ダイ、サイジング装置、冷却装置、巻取り装置、切断機からなる複合装置から製造されます。 
ペレット状あるいは粉末状のプラスチックに熱を加えて溶かし、これに希望する形を冷やし固めて連続的に長尺物の成形品を成形する方法です。”ところてん”をイメージして頂けるとわかりやすいと思います。

独自の押出成形技術

「柔らかい物や、硬い物、軽い物、長尺物・・・」様々なお客様のニーズにお応えするべく、米岡化成では様々な押出成形技術に挑戦し、そして実績を重ねて参りました。製品の大きさ、形状、肉厚など、歪みのない、均一な製品をつくるため、押出成形品、異形押出成形品に関わらず、積み重ねて来たノウハウを最大限に活用し高品質の製品を作り上げます。超音波ウェルダーによる融着や、フライス加工など仕上げ加工も充実しておりますので、ご要望がありましたら是非ご相談下さい。
押出成形品
押出成形品
高周波ウェルダー
高周波ウェルダー
フライス盤
フライス盤

二色成形

二色成形品
二色成形とは、二色または二種類の樹脂から成る一体の製品を作る成形法の事を言います。成形には、二組の成形機を備えた専用機を使用します。
二色の樹脂を使用する事で、塗装が技術的に難しい物へのご対応や、二種類の樹脂を組み合わせる事で、材料の特性に変化を持たせる事が可能です。